感染防止の対策について(7/1更新)

浜松科学館は、7月1日より滞留者の上限を緩和いたします。詳細は以下の通りです。

7月1日以降

1.入場者数・プラネタリウム定員数の制限

館内展示ゾーン内の滞留者上限を1000名に緩和いたします。制限の状況はWebサイトの「混雑状況」にて随時お知らせしてまいります。
また、プラネタリウム(大型映像)は1回の定員を100名といたします。間隔を空けてご着席いただきますよう、お願い申し上げます。

2.サイエンスショー・ミニワークショップの内容変更

(1)サイエンスショー
サイエンスショーは1回10分で定員を50名とし、1日5回開催します。
間隔を保ちながらご覧いただきますようお願い申し上げます。

【サイエンスショースケジュール】
①11:00〜
②12:00〜
③13:00〜
④14:00〜
⑤15:00〜

(2)ミニワークショップ
会場を、中2階「みらいーらテーブル」から、1階「出口ゲート付近」に変更して開催いたします。
1度に参加いただける方の人数制限を行う場合がございます。
【時間】13:00〜15:30

3.展示物の利用制限

以下の展示物に関しましては、感染防止の観点から、利用停止又は一部利用停止をいたします。
(1)利用停止
・ボイスチェンジパイプ(音ゾーン)

(2)利用の一部停止
・電子音楽の世界(音ゾーン):マイクのみ利用停止
・バイオミメティクス(自然ゾーン):ヤモリグローブのみ利用停止

4.ドア・手すりなどの消毒

館内のドア、手すりなどの消毒を強化します。

お願い
対策