令和5年3月13日以降の運用と感染対策について

日頃より当館をご利用いただき、誠にありがとうございます。
令和5年2月10日付の厚生労働省の発表により、浜松科学館を利用される皆さまのマスク着用は、個人の判断を基本とさせていただきます。

そちらに伴い、当館では館内の運用および感染対策に関しまして以下の通り行います。

1.ご入館に際して

正面入口に検温機・消毒液を設置しています。適宜ご使用ください。
入場制限はありません。ただし、イベント等人数が集中して密になる場合や運営に支障が出る場合は制限を行うことがあります。

2.換気・消毒

館内は全館空調システムにより、機械換気をしています。
館内各所に消毒液を設置していますので、適宜ご使用ください。
また、館内の手すり等の消毒を定期的に行っています。

3.プラネタリウム・大型映像について

1回の投映の定員を190名とします。
プラネタリウムドーム内は館内の全館空調システムにより、機械換気をしています。

4.サイエンスショー・ミニワークショップについて

(1)サイエンスショー
サイエンスショーは1回10分〜15分とし、1日5回開催します。
開催時間:①11:00〜 ②12:00〜 ③13:00〜 ④14:00〜 ⑤15:00〜

(2)ミニワークショップ
1階出口ゲート付近で開催します。
1回に8組お入りいただけます。
開催時間:13:00〜15:30

5.展示の利用制限

以下の展示は、感染防止の観点から引き続き利用停止又は一部利用を停止します。
①利用停止
・ボイスチェンジパイプ(音ゾーン)

②利用の一部停止
・電子音楽の世界(音ゾーン):マイクのみ利用停止
・バイオミメティクス(自然ゾーン):ヤモリグローブのみ利用停止

6.施設貸し出し

①ホールの利用者数上限を250名とします。
②セミナールームの利用者数上限を48名とします。
③備品等は、使用前後に除菌・消毒を行っていただけますようお願いいたします。