2020年度 博物館実習募集

浜松科学館では2020年度の博物館実習の受講者を募集いたします。
詳細は募集要項をご確認ください。

1.目的

博物館活動の一環として、学芸員資格習得を希望する学生に対して実習の機会を提供し、博物館に関わる人材育成を行うことを目的とします。

2.受講資格

①大学で、博物館実習を除く博物館法施行規則第一条に定められた博物館に関する科目の単位を修了済み、または実習実施年度で修了見込みの者
②実習期間中、当館へ通勤可能な者
③将来博物館等に従事しようとする希望をもつ者や、博物館を積極的に活用しようとする意欲をもつ者
※以上の①から③までの条件をすべて満たす者を対象とします。

3.期間

2020年9月8日(火)から9月20日(日)までの間の10日間
※9月10日(木)、14日(月)、17日(木)は休み

4.実習内容(※受け入れ人数によって内容が入れ替わる場合があります)

内容
1日目 ・ガイダンス
・館内各業務説明
・館内見学(バックヤード含む)
・プラネタリウム番組見学(一般向け)
2日目 ・プラネタリウム番組見学(団体向け)
・団体利用受け入れ
・サイエンスショー見学、展示見学
3日目 ・展示解説① ・調査研究①
(観察、記録)
4日目 ・アテンダント業務
(シアター安全管理、発券業務見学)
・ミニワークショップ運営補助①
・ミュージアムショップ業務補助
5日目 ・展示解説② ・ミニワークショップ運営補助②
・アンケート調査
6日目 ・教材開発①
(アクティブ展示解説用補助資料の作成)
7日目 ・調査研究②
(観察、記録、来館者へ向けての発信)
8日目 ・教材開発②
(アクティブ展示解説用補助資料の作成)
9日目 ・成果発表①
(アクティブ展示解説)
・成果発表①に対しての相互評価
10日目 ・成果発表②
(アクティブ展示解説)
・まとめ

5.定員

10名程度

6.申込み方法

実習生本人が以下の必要書類等を準備のうえ、申込み受付期間内にEメール、郵送、直接来館のいずれかの方法で、提出してください。
・博物館実習申込書(様式1)
・履歴書(様式は問わない)
・受け入れ可否通知用の返信用封筒(返信先明記のうえ、84円切手を添付すること。)

7.申込み受付期間

2020年2月1日~2月29日(※必着)

8.受け入れまでの流れ

・提出書類をもとに実習生を選考します。選考後、応募者全員に、実習受け入れの可否を通知します。
・受け入れが内定した方は、実習実施年度の6月30日までに、所属大学の実習担当事務局を通じて、当館館長宛の正式な依頼文を送付してください。
・正式な依頼文を受領後、受け入れ決定通知を所属大学の実習担当事務局に通知します

9.その他実習に関して

・実習費は不要です。
・実習中の事故等が生じた場合、その責は本人および所属大学が負うものとします。
(学外活動向けの保険へのご加入が必要な方は、各自にてお願いします)
・実習はすべての日程への参加を必須とします。
・実習期間中、実習生として不適切な行動(遅刻、早退、欠席ならびに服装等の不備)があった場合、実習を取り消すことがあります。

10.お問い合わせ

浜松科学館 博物館実習担当
事業企画グループ 上野・伊藤
〒430-0923 浜松市中区北寺島町256-3
TEL:053-454-0178
E-mail:ueno@mirai-ra.jp(上野)、ito@mirai-ra.jp(伊藤)

博物館実習申込書のダウンロードはこちら